加齢臭の対策石鹸(ボディソープ)

加齢臭防止に役立つ対策石鹸について。

加齢臭の対策石鹸を試してみる

加齢臭が気になりだすのは、男性なら40歳前後、女性なら50歳前後です。勿論個人差はありますが、大体この年頃です。
それまであまり気にも留めなかった自分のにおいが急に気になりだし「毎日の入浴では以前に比べて丁寧に体を洗うようになった」という方が多いようです。しかし、石鹸選びや洗い方を間違えると加齢臭を防げないばかりか、余計に臭いを強くしてしまったり、お肌を傷めてしまったりする場合もあり注意が必要です。
当ページでは加齢臭対策に有効な石鹸(ボディーソープ)の情報とにおいを抑える理想的な体の洗い方についてご紹介していきます。

加齢臭は皮脂腺から分泌された皮脂に含まれる原因物質が酸化・分解されて発生します。ならば、殺菌力の優れた石鹸で体をゴシゴシ洗って皮脂を取りきってしまえばよいと考えがちですが、事はそう簡単ではありません。皮脂は皮膚の潤いを保ち外からの刺激に対しても皮膚を守ってくれているのです。また、皮脂を取り切ってしまう事は肌トラブルの原因になりますし、体は皮膚の乾燥を防ぐために今まで以上に皮脂を分泌し、結果、加齢臭を強めてしまいます。洗えば洗うほどにおいが強くなる。悪循環です。
「加齢臭対策に毎日ゴシゴシ洗っているのに暫くするとまたにおってる…。」という方はこの悪循環に陥っている可能性があります。

現在インターネット通販などで販売されている加齢臭対策のボディーソープや石鹸は「柿渋に含まれる柿タンニン」や「茶葉エキス」、「ミョウバン」「ポリフェノール」など天然由来の肌に優しい成分を配合し、においの原因物質を程よく落しつつ肌の潤いも保ってくれるものが多く自分の肌との相性を考えながら選んで購入する事が出来ます。

加齢臭を抑える理想的な体の洗い方は、入浴してすぐ肌をゴシゴシ洗うのではなく、まずは湯船にじっくり浸かり体を温め、毛穴を開かせた後刺激の少ない石鹸やボディソープで優しく洗ってあげるとよいでしょう。その際、加齢臭対策ボディーソープや対策石鹸を利用する事でより一層の消臭効果が期待できます。

最近はお風呂をシャワーだけで済ます方も多いと聞きますが、加齢臭を防ぐ観点からみるとそれはお勧めできません。また、暖かいお風呂に肩まで浸かり体を温めるという事は加齢臭対策のみならず、一日の疲れを取り除き、溜まったストレスも解消するとても大切な行為なのです。

↑ PAGE TOP