香水と加齢臭

加齢臭の対策に香水は有効か?

香水で加齢臭を消せるのか?

加齢臭は中高年の男性・女性共通の悩みであり中々厄介な問題です。
それまで気にも留めなかった自分の臭い。ある日、家族や親しい友人などからの指摘を受けて自分の加齢臭に気付き、慌てて対策に乗り出したという方も多い事でしょう。
自分の加齢臭を自覚した時、臭いを消すために最初に思いつく対策として最も多いのが、「香水」です。このページでは香水と加齢臭の関係について書いてみましょう。

臭いに悩む方の多くが最初に試してみるのが香水です。
体から発散される加齢臭をいい香りで誤魔化そうというわけです。しかし、これは少し難しいように思います。本来、香水の類というものは体や衣類に極少量つけて香りを楽しむためのものです。臭いを誤魔化すものではないように思うのです。加齢臭のように強い臭いを誤魔化そうとするならばそれ以上に強い香りが必要になります。
香水はほのかに香る程度なら付けている人物のセンスの良さを際立たせ好感も持てますが、強烈な香水のニオイは周囲の方達を不快な気持ちにさせてしまう場合が多いように思います。強すぎる香りは嫌な臭いと同じくらい人を不快な気持ちにさせてしまうので注意が必要です。
また、香水と加齢臭が混ざり合った場合、そのニオイは説明不可能な微妙なものへと変わってしまう可能性もあります。加齢臭を誤魔化す目的で香水を使用するのは避けた方がよいでしょう。

加齢臭を防ぎ、尚且つ香水の香りも楽しみたいという場合、まずは食生活の改善・生活習慣の見直し・臭い対策グッズの利用など、出来る範囲で加齢臭対策をしっかりと行い、臭いを軽減した後に自分の好みに合った香りを楽しんでいただけたらと思います。
初心者の方が香水を付ける際は極々少量を手首や足首、お腹などに付けると良いでしょう。外国映画などで耳たぶや首筋に香水を付けているシーンをよく見かけますが、匂いに敏感な日本人には合わない付け方のように思います。それに、皮脂の分泌量が多く加齢臭の出やすいそれら部位に香水をつけてしまうと、先ほど書いたとおり、よい香りが微妙なニオイに変化してしまう可能性が高いので避けておいた方がよいでしょう。

最近の加齢臭対策グッズ(石鹸やシャンプー)には洗い上がりのよい香りを売りにしているものもありますから、そちらも試してみることをお勧めします。

↑ PAGE TOP