日々の生活と加齢臭

加齢臭の発生を防ぐために日々の生活で心掛けておきたいこととは?

生活習慣を変えれば加齢臭が防げる?

加齢臭は、男性なら40歳前後、女性なら50歳前後に体から自然と発生する中高年特有のにおいです。しかし、50歳を過ぎても加齢臭が目立たない方もいれば、30歳半ばなのに既に加齢臭が気になるという方も居られます。また、同じ年齢であっても加齢臭が強い方とそうでない方とが居られます。この違いは何処からくるのでしょう。
その違いは生活習慣の違いにあります。普段何気なく行ってる事が、実は加齢臭を強くしている原因だったり、健康維持のために続けている習慣が本人も気付かないうちに加齢臭を抑えていたりします。
このページでは加齢臭を抑える生活のあり方についてご紹介します。

突然ですが、貴方の周りにこんな方はいませんか?
食べ物では肉類や脂っこいものが大好き、お酒・煙草も大好きでその量も多い、仕事が忙しく運動不足、ストレスも相当溜まっているようだ…。
このような生活を続けていると加齢臭は強くなります。

加齢臭(ノネナール)は脂肪酸と過酸化脂質が結びつき酸化・分解されて発生します。加齢臭対策の基本はこの2つの原因物質の量を減ら事です。
上記のような乱れた生活を続けていては加齢臭の原因物質は増える事はあっても減る事はありません。
では、においを抑える理想的な生活のあり方とはどのようなものなのか。以下にまとめてみました。

食生活
肉類など脂っこい食事を好む人ほど加齢臭が強くなる傾向にあります。
肉類・バターなどの脂質摂取を減らし、その分、抗酸化物質が多く含まれる野菜や果物、大豆製品などを積極的に摂りましょう。
食事と加齢臭の関係について詳しい情報は当サイト内「食生活と加齢臭」を御覧ください。また、においを軽減する働きがある抗酸化物質を多く含む食品については同じくサイト内「加齢臭を抑える食品」を御覧ください。

喫煙と過度の飲酒
喫煙や過度の飲酒は加齢臭(ノネナール)の"元の元"である活性酸素を作り出し、においを強くします。また、過度の飲酒も体内でアルコールを分解する過程で活性酸素が発生し、においは強まります。
サイト内「煙草・お酒と加齢臭」では喫煙や過度の飲酒が"におい"に及ぼす影響について更に詳しくご紹介しています。

ストレス
ストレスも加齢臭を強める原因の一つです。人はストレスを感じると体の中に活性酸素を作り出します。活性酸素は加齢臭の原因物質である過酸化脂質の元なのです。更に詳しい情報は当サイト内「ストレスと加齢臭」を御覧ください。

適度な運動
適度な運動によって日頃から良い汗をかく事は、ストレス解消・肥満防止など加齢臭予防につながります。ただし、激しい運動は体内に活性酸素を作り出し加齢臭を強めてしまいます。ウォーキングや軽めのジョギングなど有酸素運動がお勧めです。

↑ PAGE TOP