女性の加齢臭

加齢臭って女の人からもにおうものなの?

女の人から加齢臭?

皆さんは加齢臭にどのようなイメージをお持ちでしょうか。
「オヤジ臭」とか、「40歳過ぎたオジサンのにおい」、「田舎のおじいちゃんのにおい」などなど、人によりそのイメージは様々です。ただ、具体的なイメージは違えど多くの方は「加齢臭=中高年男性のにおい」という認識をお持ちだと思います。加齢臭というと、どうしても男性を想像してしまいがちです。ですから当ページタイトル「加齢臭は女性からも臭う」を見て驚いた方も多い事でしょう。
結論から先に書いてしまうと、加齢臭は女性からも発生します。中高年特有のこのにおいに男女差はありません。
ではなぜ「オヤジ臭」という呼び名があって「オバサン臭」がないのか。なぜ、女性の加齢臭は男性より目立たないのか。理由は幾つか考えられます。

加齢臭(ノネナール)は毛穴の奥にある皮脂線から分泌される脂肪酸と過酸化脂質が結びつき酸化分解されて発生しますが、女性の皮脂腺は臭いに悩む同年代男性のそれに比べ活動がやや穏やかです。そのため、分泌される加齢臭の元が少ないといえます。
また、女性の場合、女性ホルモンが皮脂の酸化を抑えてくれているため加齢臭(ノネナール)が作られにくいのです。女性の加齢臭が目立ちだすのは個人差はありますが、50歳前後です。同年代男性が加齢臭に悩みはじめる頃には、まだ女性ホルモンが臭いを抑えてくれているからです。50歳を過ぎ、女性ホルモンの分泌が少なくなると男性同様に加齢臭が目立ちだします。

女性の加齢臭が男性に比べて目立たない理由は他にもあります。
加齢臭の原因物質は脂肪酸と過酸化脂質ですが、過酸化脂質は体内に活性酸素が大量発生したときに増えることが分かっています。活性酸素は加齢臭の"元の元"という事になりますが、女性は男性に比べ筋肉量が少ないため活性酸素の発生も男性より少ないのです。
活性酸素の発生が少ないという事は加齢臭の原因物質である過酸化脂質の量も男性に比べ少ないという事がいえます。

女性の加齢臭を防ぐ有効な対処法は出来るだけ体を清潔に保つ事です。また、生活のリズムや食生活が乱れている方はそれを正す事。これは男性も同じです。加齢臭対策はそれほど難しいものではありません。具体的な対策の方法は別カテゴリー「加齢臭を防ぐ心得」でご紹介させていただきますが、楽な気持ちで日々の生活の負担にならない程度に頑張っていきましょう。
頑張り過ぎるとそれがストレスとなり余計に加齢臭を強くしてしまいますし、無理を続けていては心にも体にもよくありません。
無理のない、自分にあった対処法を当サイト「加齢臭を防ぐ心得帳」で見つけていただけたらと思います。

↑ PAGE TOP