陰部の加齢臭について。

陰部の周辺から漂う加齢臭。どう防げばよいのか?

気になる陰部の加齢臭

加齢臭は、男性なら早い方だと30代後半から、女性だと閉経によって女性ホルモンの分泌が減少し体の抗酸化力が衰えだす50歳前後に臭いが強くなります。
普段から清潔を心掛けていても、少し油断するといつの間にか臭っている。それが加齢臭なのです。中高年の皆さんを悩ませる加齢臭は体の様々な場所から発生します。陰部も例外ではありません。このページでは陰部の臭い対策についてご説明します。

近頃、陰部の臭いに悩む中高年の方が増えています。臭いを発している場所が場所だけに誰にも相談できず、また他の人と臭いを比較する事も出来ず、一人で悩みを抱えている方が多いようです。
加齢臭(ノネナール)は皮脂に含まれる脂肪酸が酸化・分解されて発生します。脂肪酸が過酸化脂質と結びつき酸化した時や、皮膚の表面に住む菌によって分解される過程で加齢臭が発生するわけです。
陰部が臭い原因も同じです。陰部は股の付け根にあり、湿度が高く、また体温も高いため、皮脂が酸化しやすいと同時に菌も繁殖しやすい状態にあります。

ここで、陰部から出る自分の加齢臭を確認する実験をしてみましょう。入浴前など服を脱いだ時に股の付け根の内側を指でゴシゴシと擦ってみて、その臭いを嗅いでみてください。何か臭いませんか?もし、酸味の効いたツンとした臭いがしたならそれが貴方の陰部から出ている加齢臭なのです。

陰部が臭い場合の対処法としては、他ページでも何度か書いているとおり、肉類など脂っこい食品の摂取を控えて脂肪酸の分泌量を減らし、脂肪酸の酸化を助長し臭いを強める働きのある活性酸素の発生を抑えるために抗酸化成分を含む野菜などを多目に摂る事が重要です。また、毎日の入浴で体を清潔に保つ事も忘れてはいけません。
また、簡単に出来る陰部の加齢臭対策としては、朝のシャワー法があります。朝の出勤前などに、陰部周辺や股の付け根の内側など臭いが出ている部位に30秒ずつシャワーのお湯を当てるだけ。これによって陰部周辺の皮脂が減り臭いを軽減できます。
※血圧の高めな方は十分に注意してください。
冬など、寒くてシャワーが浴びられない時は熱めの濡れタオルで陰部周辺を丁寧に優しく拭うだけでもシャワーと同等の効果があります。

「それでも暫くすると陰部が臭う…」という方には臭いを効果的に防ぐ働きのある加齢臭石鹸をお勧めします。価格は一般の石鹸に比べると少々高めですが、その効果は折り紙つきです。石鹸についての詳しい情報は当サイト内ページ「加齢臭を防ぐ石鹸」を御覧ください。

↑ PAGE TOP